【指導方針】

少年・少女サッカーを通じて、規律ある団体生活を経験させ、健全なる精神と社会性を身に着けさせる事を目的とし、運動能力の向上および、健康増進と会員相互の親睦を図るため、練習・試合・合宿等の活動を積極的に行っていく事とする。(会則第3条-1)
 
【年代別テーマ】

 U-6(幼年・1年生)
 ☆「楽しい」・「好き」・「もっとやりたい」という気持ちを重視し大切にする。
   ・ボールの動きに対する感覚をつかもう。
   ・仲間、コーチと関わる楽しさを知ろう。
 

U-8(2年生)
 ☆「楽しさ」の中に技術を取り入れる。
   ・ボールに慣れよう。
   ・ゴールに対する楽しさを知ろう。
   ・「できた」・「わかった」・「ほめられた」の楽しさを実感しよう。

U-10(3、4年生)
 ☆「個人技術」の習得および、「個人戦術」の理解。
   ・ボールコントロール力を身につけよう。
   ・新しいテクニックを身につけよう。
   ・仲間と協力してゲームをしよう。

U-12(5、6年生)
 ☆「より高度な個人技術」の習得および、「グループ戦術」の理解。
   ・個人技術をさらにレベルアップしよう。
   ・グループ戦術を理解して、仲間同士の理解を深めよう。
   ・視野を広げて、良い判断をしよう。